転職するには絶対に失敗はしたくないものです。もちろん最初から失敗するかも、と思っている人は絶対に転職してはいけません。失敗が目に見えています。

転職するということは、かなりの決意が必要なのです。しかしながら、転職をした人、転職援助の会社を介して転職した人でも、すべての転職者が成功しているとは限らないのが実状です。
いくつも失敗例があります。このような失敗を起こさないためにも前例をみて自分に落とし穴がないか確認してください。

家庭をもっている人の転職というと、独身の人より決意が固く、また失敗が許されません。なおかつ、住宅ローンなどを支払っている人にとって、転職に失敗してローンが払えなくなり、泣くなく自宅を売り払うということだって実際にある話です。

とある30代前半の男性が転職を決意し、見事全国に支社のある名も知れた一流会社への転職が成功しました。家を買ったばかりだったので、新しい職場でやる気を見出していた入社数ヶ月目にとんだ事例が出てしまいました。それは、地方への転勤。
全国規模の企業は、確かに名も売れていて安心のような感覚に陥りますが、転勤も全国規模の可能性があるということを、まったく考えていなかった結果の失敗です。

サラリーマンである以上、転勤はつきものです。転職したときには会社からは期待しているぞ、と声をかけられている以上、転勤を断ることすらできません。もし転勤が嫌だと考えている場合は、支店がない会社や通勤圏内にのみ支店がある会社を選択することが必須です。
また転勤の有無を事前に会社に確認しておくことも忘れないようにしましょう。

人間関係での失敗例もあります。仕事をするにおいて、人間関係というものは不可欠です。人間関係が嫌で、転職の決意をした人だってたくさんいますからね。

転職の面接のときの面接官では社長や役員とだけ話をして、雰囲気もよく給与額も上がったので内定を受ける決意をして転職に成功。ところが、直属の上司と会うのは入社後と初めていう場合、配属先の上司と性格がまったくあわないという可能性だってあります。

ある程度のことは我慢するでしょうが、前任者が辞めた理由はこれ?と思えるような態度すら感じることもあるそうです。社長や役員とは一緒に仕事をするわけではありません。

面接では実際に共に仕事をする直属の上司などにも参加してもらうと、そのようなことも避けられるかもしれません。できるかぎり入社前に会わせてもらえたらベストですね。