転職活動は、学生の新採集就職活動とはまったく違います。学生は、不況の世の中、とにかく就職先を探さなくてはいけません。

ところが、転職活動というのは今現在仕事に就いていて、さらなる自分向上の為に行うことが多いのです。ですから、試験に対する心構え、面接の受け答え方などは転職希望者、新卒者では違って当たり前です。

面接に関して言えば、転職希望者は言ってはいけない言葉というものがあります。それは、「御社が第一志望です」という言葉。これが学生なら企業側からしてみれば「わが社を希望している熱意が伝わる」というとてもいい言葉であり、実際学生のころ面接練習でも指導された答え方ではないでしょうか。

しかしこの言葉は、転職者だとわかっている企業にとっては、あなたを低くみる要因となります。つまり今後の仕事内容、年収、会社内でのポジションを下げてしまう引き金になってしまうのです。

転職活動においていろいろな会社を受けている人であればなおさら、内定をもらった会社を辞退せねばいけなくなることがあります。もし面接時に先ほどのように「御社が第一志望です」などと軽々しく言ってしまっていると、いざ内定を辞退しようと思った時に、しにくくなってしまうからです。

とにかく、自分を低く売り込んでしまわないようにしましょう。そうすれば内定を辞退することになっても、もっとも納得した企業に転職するわけで、トラブルにはなりません。あとくされにもなりにくいのです。

実際に内定をもらった後、決断までの時間はどのくらいかというと、だいたい1週間程度です。企業によっては2週間など納期を設けてくる会社もあります。その場合には、他社からの内定状況や選考状況を伝えて、現況の理解をしてもらっておくことが必要です。

そして待っていただいて、辞退する場合は、辞退については、速やかに伝えることが先決です。
1つの企業に決定することを決めた時点で、いち早く他の内定をもらっている企業に連絡をするのがコツです。まずは担当者に電話をかけ、内定を辞退することとその理由を告げます。

どこの会社に決めたのか?と聞かれることもあるでしょう。その場合は回答してもしなくても問題ありません。また、辞退した企業を訪問してお詫びをする必要はありませんが、もし呼ばれた場合は理由を説明しに伺いましょう。

また辞退する企業側の人事担当者の評価というのも関係してきます。お詫びの連絡を入れる際には、人事担当者や面接官の対応や動きはとても良かったなど、メールなどでフォローの履歴を残しつつ連絡すると最後まで好印象がつづくものです。