プロのスポーツ選手は、現役の期間が限られています。一般的には、まだ「若い」と言われる年齢で引退しなくてはいけないのが実状です。そういった場合は、いくら輝いているプロの選手であっても転職を考えなくてはいけません。

テレビなどでよくみる元プロのスポーツ選手などは、コメンテーターや解説者として活躍する人も居ますし、バラエティタレントとして、さらに人気を持続し続ける選手だっています。私達はそういった人物のみを目にしているので、ただでさえ華やかなプロの世界から芸能界へと転身してうらやましいなと感じる人もおおいでしょう。

ところが、このような引退後も華やいでいる人はほんのごくわずかです。相撲界、野球界、ゴルフ界と日本国内でも特にメジャーなスポーツ界であっても、戦力外通告を受け、人知れず引退する選手だって居ます。そういった人は、20代30代もしくは40代で初めての転職になります。

特に、スポーツ界でプロになるくらいの人物と言うのは、小さいころからそのスポーツしかやってこなかったと言う人が多いですから転職するには、かなりの労力が伴います。今まで何千万ももらっていた年収も、同じ条件というわけにはいかないでしょう。
一般的には、転職を考えるときに今まで以上の年収を希望する人がほとんどでしょうがこういったスポーツ界の人に取ったら、かなりの年収ダウンは避けられないのです。

もちろんそれまでの貯えはあるでしょうが、実際には日々の生活を安定させなくてはいけません。乗っている車、住まいもおおきく変化が起こるでしょう。昔の栄光とかプライドなんかもあることでしょうが、こればかりは仕方のないことです。
意外な転職としてあげたいのが、サッカーや野球界におけるメジャーリーグなどの世界への挑戦、またはチームの移籍などです。こういったものは、スポーツを職業としている選手において、そのスポーツそのものは変わっていないため転職とはいいにくいように思えますが、これだって立派な転職の1つです。

現在所属しているチームを自らはなれて、よりよい環境、または自分の夢を叶えるための移籍を行うわけですから。もちろん年俸が下がる可能性だってあるわけです。むしろ、そのときにしかできないチャレンジですよね。

よく「代理人交渉」という言葉を耳にするかと思います。これは、転職支援企業と同じ役割を果たすスポーツ界の仲介業者ですね。
こういった視線で見ると、あの有名な選手諸々も、転職に果敢に挑戦しています。成功している姿をみて、まったく同じような環境に転職することは不可能ですがせめて、同じ転職者として心の支えにしてみてもいいですね。