最近の雇用者は、若い世代だけでなく家庭を 持った中堅の世代であっても派遣として働いている人が多いです。仕事があるうちは、社員と変わらないような待遇を受けたりする企業もあるようですがこの不況ではいつ契約が切られるか冷や冷やしている人も多いでしょう。

また実際に派遣切りにあって、仕事を退職せざるを得ず、仕事はもちろんのこと今まで住んでいた社宅さえも出なくてはいけなくなり住居、仕事の心配を抱えている人も少なくありません。派遣社員として働いている人は、世間が不況というこのような状況に陥るとやっぱり考えるのは安定した社会人生活ではないでしょうか。

そのためにも転職を考えて派遣社員からの脱却を考えるでしょう。しかしながら不景気という影響において、求人する企業側の意見としては将来の先行きへの不安などが重なり、転職採用の水準が高くなってきています。

「即戦力」「マネジメントをまかせられる」など、よりハイスペックな条件が求められる傾向にあります。こうなってくると、初めから正社員として就職、転職先を見つけるのが難しい方が結果として増えてきています。

そこで、正社員を希望しているけれども、契約社員から正社員になるキャリアパスを考えることも視野に入れてみてはどうでしょうか。まず、派遣や契約社員として働き、その後、ステップを踏んで、正社員への道を考えるというわけです。

このようなステップを踏むメリットとしては、実際の仕事内容や会社の雰囲気などを、期間内に知ることができること、本当に長く働き続けたい会社かどうかを、正式な入社前に決めることができるという点です。また書類選考や面接だけでは伝えられない「自分の仕事ぶり」をみてもらえます。

しかしながらデメリットもつき物で、契約社員、派遣社員ともに正社員とは給与、諸手当などかなりの開きがあります。承知のとおり正社員のほうが一般的に給与は高めです。また必ず正社員になれる保障もありません。

契約として働いていても仕事に対する質の高さを見せる、そして正社員になりたいとはっきり伝えること、上司に対して必要だと思われることを先回りして行う、指示を待つだけでなく必要に応じて確認や質問をする、上司には敬意を払って尊敬しながら仕事をする、ということをコツコツと続けると見てくれている人は見ています。

派遣、契約社員、正社員など、様々な働き方があり、それぞれに固有のメリットもあるでしょう。不景気ではありますが求人は絶えずあり、転職を決めている方も日々いますが目の前の仕事にも精進していると、思わぬところから正社員への門が開けることだってあるのです。