転職を決めたとき、仕事を探す場所といえばハローワークでしょう。失業保険などの諸手続き先もハローワークですからね。ところが実はハローワーク以外にも、対象者や職種の違いなどにより多様な公共職業紹介機関が設置されています。

意外に知らないその機関名、特徴、所在地などをお話します。

「ハローワーク」は言わずと知れた、公共職業紹介の場所です。全国各地に所在しており、一番身近な紹介機関でしょう。また「ハローワーク情報プラザ」という機関もあります。これは各地のハローワークに寄せられた求人情報の閲覧・検索サービスができる場所です。
主にターミナル駅周辺のビル内に設置されていて、平日の夜間や土曜日にも利用できるのがメリット。
ハローワークがあいている時間は、通常業務でハローワークに出向けない人にとってとても便利な施設です。転職を考えている人にも向いていますね。

「人材銀行」という機関もあります。これは、課長職以上の管理的業務に従事するという管理職や科学的知識を有し、技術的職業に従事するという技術職、専門的知識・資格を必要とする職業に従事する専門職の人が対象で、実務経験3年以上という条件を満たしている人向けの公共職業紹介機関で、全国26都道府県に設置されています。

最近話題になったのが「両立支援ハローワーク」です。この機関は育児、介護、家事などと仕事の両立を目指す人を対象に、職業相談・職業紹介を行っています。高齢化社会になり、介護を必要としている人が増えています。
と同時に不況により、日々の生活も潤っているとはいえない状況では、介護のみに専念することは難しいです。

やはり、介護と仕事、もしくは育児・家事と仕事という両立を考えますよね。そういった人向けの機関で、求人のほとんどはパートタイマーやスポット的な仕事です。しかし、両立をはかるためのさまざまな支援を行ってくれる点が特徴です。

また育児や介護がひと段落し、手が掛からなくなったときにすぐに就職できるよう、パソコン教室やセミナーなどによる教育訓練も行っています。全国の主要都市に設置されていて、子連れでも利用できます。また介護との兼ね合いもあり、Uターンする人もいるでしょう。Uとなるとやはり転職を強いられるわけです。

そのときに利用してもらいたいのが、「Uターンセンター」という都道府県が独自に設置しているUターン情報提供窓口です。東京、大阪、名古屋など大都市以外に、それぞれの地元に設置されているものもあります。

Uターンセンターは年齢に関わらず、誰もが利用することができるのでUターン転職の第1歩を踏み込むにはとても便利な機関になっています。