転職を考えるとき、それはどういったときでしょうか。「給料が安い」「人間関係に不満」「思っていた仕事内容と違う」などそれぞれでしょう。また、実際会社を辞めるときに上司へ告げる理由と、自分が考えている理由は結構違う人が多いのも実状です。

上司との人間関係がうまくいかずやめる場合に、その上司に面と向かって「あなたのことが嫌いだからやめます」「あなたとの人間関係に不満を感じています」なんていう人はなかなかいないでしょう。建前での退職理由というのは「田舎に帰る」「追いかけていた夢があきらめきれない」「さらにキャリアアップしたい」などが主ではないでしょうか。

では、転職を考えるきっかけとなるものもあるはずです。時期的に多いのが、入社後2~3ヵ月後なのだそうです。まず春に入社した新人がだんだんと慣れる頃ですよね。慣れて楽しい社会人生活を想像していたのに現実は厳しいものだった、思っていた社会人生活と違った、手取りの給料が思ったより安かった、などこういった気持ちを抱いたときに、頭に「転職」という言葉が浮かぶのです。

また、この時期に転職を考えるのは何も新人だけではありません。有能な新人が入ってきて会社が新人に期待している、自分はもともといたのに、ますます居場所がなくなる、こういった構図でも転職を考えることもあるでしょう。

いくつか例を挙げたように、転職の理由は人それぞれです。
ただ、転職となるとかなり思い切った気持ちが必要になりますので、転職を考えなくても何か解決方法はないかというのも一つの手段です。上司に掛け合って人事異動をすることで、解決する問題だってあるでしょう。ただ嫌なことがあるだけで人事異動をだしても通らないのは目に見えています。ですから、まずはよく考えてみましょう。

自分は本当にこの仕事がいやなのか、まずはこの問題ですよね。いやだと思っていることは、今の職場だけでなく、転職先でもいやだと感じるかもしれません。

ですから、自分の考えを少し改めたときに解決するかなと想像するのもいいでしょう。自分自身を見つめなおすことで、転職の前に答えが見つかるかもしれません。今の職場が自分にとって他の職種より適している場合もあります。また逆に今すぐにでも転職したほうが良い場合だってあるのです。

何よりも大切なのは、自分の考え、そして数年後を見つめなおすことです。
そして、今の職場が自分にあっているなら、その場合は必ずしも転職をしなくて良いと思います。

また今の職場に対してかなりギャップを感じている場合は、より最適な道がないのか、探し出すことも必要です。ただひたすら我慢するよりも、転職するならしてすっきりしましょう。
転職しないと決めたのなら早めに自分に決断を 下した後、前向きに仕事をがんばってもらいたいと思います。