転職のタイミングとして入社後間もなく、まだ若手の部類に属する20代。そして入社後ある程度の年数が経ち、上司も部下もそれなりにいるという中堅の30代。この2世代がいちばん転職を考える年代です。

まだ20代のうちは、企業も世間も「若い」で済ませてしまう部分があります。それは転職する本人にとっては、プラスであったりマイナスであったりするでしょう。ただし30代での転職となると、企業からのイメージはだいぶ厳しくなるとかんがえていいでしょう。

若い世代、つまり20代や30代前半は、まだ企業は「社員の育成」というスタンスで採用します。ところが30代後半の人材は「できて当たり前」というスタンスでの採用。ということはそれなりに高いレベルの人材を要求しているということです。

あなたの能力が企業が欲しいと思うような人材以上であったら転職は成功といえるかもしれません。そのためにも、自分にみあった会社選びをしなくては、せっかくの転職も水の泡です。

また、企業側がある一定の人材を欲しがる理由をよく理解することも成功の1つです。その欲しがる理由にうまく自分を売り込むことで、企業からは好感触を得られますし、採用へとつながります。

転職を考えているからといって、今の仕事に一生懸命取り組まなかったりしていては、転職先へのアピールポイントが1つもできないまま転職の機会を迎えることになります。というよりも、現状でのアピールポイントや実績がなければ、転職もうまくいきません。
また転職を考えるには、何らかの理由があるでしょう。この理由を明確にしていないと満足のいく転職ができません。

たとえば現在より年収を増やしたいということが転職の理由であればこの目的を最後まで通しましょう。
「年収アップが目的だったはずなのに、国内でも大手の企業から内定をもらって転職を決めた。しかし年収は今までとほとんど変化なし」
という話もよくあるのです。年収アップのはずが企業イメージに惹かれてしまったという失敗例です。もちろんこの転職は大失敗ですよね。
目的だった年収アップはできないし、おそらく転職後しばらく経ってから後悔することになるでしょう。

また、キャリアアップしたいからと転職を考えたのに、提示された高い年収だけに目がくらんでしまうという失敗例もあります。これも同じように、おそらく転職後の仕事内容に満足できないと後悔するはずです。30代という転職が失敗できない年齢での転職活動では自分の目的を明確にもってじっくりと企業を選ぶことが大切です。