職種を変えよう、業界を今の状態と180度変えたいと思っている人は多いです。転職には必ず理由がついてきますが、その理由として「今の仕事が自分に合っていないような気がする」ということがあります。
では「自分に合わない」と思う理由は何でしょう。就労時間、賃金、意外には「楽しくない」「つまらない」と考えている人が多いようです。

確かに仕事を楽しくすることは大切ですね。また自分に合ってるかということの判断材料のひとつとして、楽しく感じるかどうかはとても重要です。学生時代や就職試験で経験された人もいると思いますが、適性試験という基本能力や性格、志向等で適性を判断する方法もあります。

もちろんこの方法が間違いと言いませんが、適性を判断するのは本人の感覚、つまり「楽しめことができる」かどうかだと思います。職場の環境や就労時間、人間関係、福利厚生面の別な要素もからんできて総合的に楽しくない状態になってしまうこともあるかもしれません。

仕事自体はやりがいもあって楽しいけれど、他の原因でうまくいかないからなんだかこの仕事は、会社は自分には合ってないように思う、だから転職したい、職種を変えたい、業界を変えたいという思考経路になってしまうことってありませんか?

もしそうであけば、転職という取り返しのつかない間違いを犯してしまう可能性が高いです。そういう場合は、やはりなぜ合ってないと思うのかということを冷静に分析してみるのが先決です。

自分の関わっている仕事自体に問題がないとわかったら、大きな方向転換は避けた方が無難です。キャリアにも傷がつきますし転職成功率も低くなりますので、この点はよく考えた方良いでしょう。

転職を考える時は、年収も上げたい、どうしてもやりたかった仕事内容、自由な社風でなど夢があふれます。しかしちょっと立ち止まって考えてみましょう。あなたのやりたい事とできる事が合っているでしょうか?

案外「やりたい事」ばかりが膨らみ「できる事」がまったくといっていいほど伴っていないことが多いのです。キャリア採用の基本条件は即戦力です。
あなたが企業側の即戦力になるかどうかの判断の大きなポイントは、経験と実績、そして今までにやってきた事が最大の評価になります。

転職者がいくら「実績はないですが私にはできる能力があります」と自信たっぷりに言ったとしてもなかなか通じません。新卒者とは違うということを念頭においてください。