転職を考えるということは、今現在の仕事に対して満足を得ていないということです。もちろんたくさんある企業の中で、社員の満足度100%という企業は皆無だと思います。

誰だって何かしら不満は抱えています。その不満が限界に達したとき、新たな挑戦をしたいと考えたときが転職を考えるきっかけでしょう。例えどのような理由での退職であっても、前の職場を悪く言うものではありません。

転職先に満足すればするほど、転職の目的を達成すればするほど前の職場が悪く見えてしまいます。不満材料があったから転職を考えたわけですからね。しかし、いくら事実でも元の職場の悪口を言うということは、過去の自分を否定しているのと同じです。

在職中に、関係がぎくしゃくした同僚や上司であっても、丁寧に挨拶しておくのが社会人です。円満退社ということは自分にとってもきっと利益があるはずです。

また、営業マンであなたの顧客がたくさんいたとします。あなたが退職しても顧客は身との会社の別な営業マンがつきますし顧客と元企業との関係は続いていくはずです。

ところが、あなたが気持ちを込めたお礼の挨拶状を送ったり、出向いて挨拶をしたりするともしかすると新しい就職先で、またその顧客と縁があるかもしれないのです。

人と人とのつながりは切ってもきれないものばかりです。また人の縁って思ってもみないところでつながってくるのです。会社を退職するからといって、同僚や顧客ともまったく関係がなくなるという考えはやめたほうがいいですね。いい縁というのはどこにいってもついてくる、そういうものです。

転職が成功するということは、あなたの過去を否定するのではありませんよね。むしろ肯定するのです。過去の企業での仕事ぶりを買って、新しい企業があなたを採用してくれたのかもしれませんし、あなたが元企業で培ったノウハウや能力、スキルがなければ採用されなかった事だってあるのです。

もちろん、元の企業の知名度により、安心して面接を受け入れてという企業だってあることでしょう。恩を仇で返さないよう、過去の自分をしっかりと受け入れられることが、転職を成功へと導くものです。

そして、新しい企業に入れたからといって安心するのもまだ早いですね。入社後しばらくは、あなたの腕を試されています。
万が一、試用期間で解雇されるかもしれません。転職というのは、転職先からも大きな期待がかかっているりということを忘れずに、その期待に応えるということも必要です。

面接でいくらアピールしても、実践が伴わなくては、企業はすぐに他の人材獲得へと動き出しますよ。