転職をしようかなと考えたときに、まず考えることがいつ転職活動をしようかということではないでしょうか。前の仕事をやめてから就職活動すべきか、それとも仕事を続けながら新しい就職先を見つけるかというかんじでしょう。

しかし、辞めてしまってから転職活動をしてもすぐに就職先が見つかるとは限りません。すぐに再就職できなかった場合でも生活しなくてはいけませんよね。

今までの蓄えで生活することになりますが、底を尽きてしまった場合、もしくは蓄えが十分になかった場合などは金銭的に苦しくなるというリスクが伴うので現在の会社に勤務しているうちに転職活動を進めることをお薦めします。
もちろん仕事をしながらの就職活動ですから、十分な活動ができなかったり、転職活動に没頭するということはできないのを承知のうえで臨んでください。

仕事をしていると、相手方との面接時間の調整も難しいことがありますが、企業によっては「今仕事をしながら転職活動をしています。」という事情を話すと土曜日や平日の仕事終了後の遅い時間でも面接をして貰えるケースもあります。
包み隠さずありのままを話し、担当者に相談するのも転職活動には大事なことです。

休日や有給をうまくも活用して、計画的に転職に向けてのスケジュールを立てることをおすすめします。もしも、現在の会社を退職した後に再就職の活動をするのであれば、経済的に困ることのない様に前もって綿密な計画を立てて、効率良く活動できるようにしましょう。

転職先が決まるまで時間は、自分が考えている期間より長めに想定しておくほうが後々楽です。蓄えがあるからといって、のんびり再就職先探しをしていると、企業との面接の際に「なぜこんなに失業期間が長いのか」と理由を問われることもあります。

企業側は、就職希望者の意欲なども聞きますので、退職してから転職活動をすることになった理由をきちんと理由を答えられるようにしておきましょう。

仕事をしながら転職活動をしている場合、現在の会社の退社日と転職先の入社日の兼ね合いが出てきますね。企業側としては今にでも入社してほしいと考えて新規社員を募集しているケースがほとんどです。
高校生や大学生などの新卒者などのように春を待って…ということとは違うのです。

ですが、現在の仕事をしている旨を伝え、退社までにどのくらいかかるかということを伝えておくと企業側もそれなりに配慮してくれる場合が多いです。選考過程での面接では入社日の話が出るはずですから、その際に現在の状況を説明しなければなりません。

そのためにも、スケジュールをしっかり立てて「現在の業務や残務処理、引き継ぎをしっかりと終えてから○ヶ月後になる予定です」という
発言ができるようにしましょう。
現在の会社でも、しっかりとした引継ぎをしてからの退職ということで責任能力のある人材だとプラスの印象にもつながるものです。