転職の活動をするときに気をつけなければならないことがいくつかありますがすべて自分で解決しなければなりません。というのも学生時代のように、就職担当の先生が面接指導、履歴書の書き方など細かく教えてくれるわけではないのです。

すでに社会人として働いているわけですから、世の中の常識などは頭に入っているでしょう。ですが、面接や履歴書については過去に就職活動をしていたことがあるはずなのに、年月共に忘れてしまっているという人も多いと思います。

一緒に就職試験を受けるライバルに差をつけるためにも、面接、履歴書は完璧に仕上げたいものですよね。履歴書には、今までの経歴や資格を欠かなければいけません。たとえ、過去に短期間で辞めてしまった経歴があるかもしれません。隠したい気持ちもあるでしょうが、それは間違いです。たとえ短期間であっても全て記載するようにしましょう。

もし記載せずに入社後に嘘が発覚したりすると、経歴詐称と言われても仕方ありません。最悪な場合解雇ということもありえます。
経歴詐称は立派な解雇理由になるのです。ですから履歴書にはきちんと正確な内容を書き、その理由(短期間でやめた理由など)を説明する必要があります。

短期間での退職は、面接などで必ず退職理由を聞かれるはずです。その時に慌てないように、企業側が納得出来るような前向きな理由を答えられるようにしておきましょう。企業側が理由を納得し、理解してくれれば、選考に影響することもないでしょう。嘘をつくより、正直な気持ちを買ってくれるはずです。

また、希望の企業が「大卒者」と学歴を指定していた場合であっても、高卒の人だって受けることは可能です。もちろん企業側が求めるスキルを持ち合わせていた場合ですが。

中途採用の場合は学歴は実務経験と比較してそれほど重視されない傾向にあります。中途採用に応募してくる人は、新卒者と違い何らかの実務経験をしています。ですから、求人票の応募資格の学歴が自分に合わなくても、それは1つの目安程度に考えて積極的に応募してみましょう。

学歴を気にしていても、先は開けません。もしかすると、指定の学歴以上の力を持っているかもしれない、そう企業側だって期待します。
必要以上に神経質になりチャンスを逃してしまうよりも、前向きに活動をしていくことが大切です。

そのためにも、自分自身のキャリアや個性を見つめ直すことが必要です。自身の強みだけでなく、弱みを把握することのほうが重要になります。
自分が企業の中でどのように役立つのか、どの点が努力しなくてはいけないのかといったことを整理することで、自分により合った仕事を具体的に考えることができるようになります。