転職の理由が、年収をアップさせたいという理由の場合、今の年収よりも高い企業を選ぶでしょう。企業が出す求人票には、「年収○○万以上」とはかかれていないことが多いです。ほぼ書かれていませんね。

転職するときには、自分の中での希望年収というものが決まっているでしょう。ただ、それを面接の際に「年収はどの程度いただけますか?」とはなかなか聞きにくいものです。

100年に1度の大不況というこの世の中、まだ採用していない人の年収のことまで、論説間の頭に入っていないもの。もちろん転職先の状況によってケースはさまざまです。

大手企業などでは、給与規定がきっちりとしていることが多く、転職1年目の年収が希望を反映してくれることは厳しいようです。それに比べると、少し緩和なのが、実力のあるベンチャー企業や中小企業です。このような企業を受ける場合には、しっかりと自分の希望年収を主張すべきですね。
そのときに、忘れてならないのが自分の年収の相場を把握することです。

企業とは、上層部の意向に従えばそのまま通るという場所です。ですから、面接官が示す額に黙って従えば、安めの金額に落ち着くのは当たり前です。だからといって、根拠のないくらいの高額を要求したら確実に悪い印象を与えてしまいます。
「自分を何ひとつわかっていない人材だ」というように。

そうなることを防ぐためにも、下調べが必要になってきます。
その下調べとは、自分の年収の相場がどのくらいかということを知っておくことです。しかし自分の年収の相場というものはなかなかわかりづらいものです。

人材紹介システムでは、相場を照会してくれたりしますが、全員がこのシステムを利用するわけではありませんよね。同業者、同年代の給与、年収などはしっかりと把握しておきましょう。

また、実力主義をうたっている企業相手では、雇用してもらう側もどんどん主張していいと思います。もちろん主張できるようなキャリアを積んで、自分の価値を高めて相手にも認めてもらえるような努力が必要になってきます。
それを踏まえて今よりも年収があがるということが絶対条件であるなら、きちんと主張すべきですね。

もし自分の希望年収を言ったことで、試験に落ちてしまうリスクもあります。しかし面接試験の際に、希望年収の話をしなかったのに、入社後やっぱりこの程度の額の年収は欲しい、など意見するようなら、会社内での評価がぐっと下がることにつながってしまいます。
うまく交渉をし、自分で納得のいく年収で働くというものは大変難しいですが、それを覚悟の上での転職を決意していただきたいものです。